セラテックジャパンの事業領域

私たちはMaterial Processing Serviceを事業の中心に据え、
セラミック素材の価値を最大化させる
加工ソリューションカンパニーです。


進化するマテリアルに、進化するプロセッシングで応える

私たちが目指すMaterial Processing Service(マテリアルプロセッシングサービス)とは、素材メーカーと部品デバイスメーカーの中間に位置し、系列や特定企業に依存しない自主独立の経営で、市場に加工技術や加工サービスを提供することです。
主に広義のセラミック(金属以外の無機材料)及び焼結金属、半導体金属など広範囲の業種と企業から加工サービスを専門に受託し、独自のノウハウと高い技術力、多彩な加工レパートリーで多様なニーズに対応いたします。また、顧客仕様に対しそのスペックを満足させるだけでなく、加工プロセスを継続的に改善し、顧客にメリットの有る提案を積極的に行います。
私たちは電子光学材料の受託加工をソリューションサービス業ととらえ、これをMPSと定義し、お客様に対してオープンであると共に、徹底したディスクローズで垣根を低くして、お客様の自社工場と同じ感覚で御利用いただけるよう体制を整えております。
素材の切断から高精度な平面に仕上げる研磨加工を得意とし、更に形状加工や研削加工、光学薄膜加工技術を併せ持つことで、社内一貫加工で市場に加工技術を提供いたします。
また、ビジネスパートナーとの連携を最大限に活用したコネクターハブ企業として、お客様の要求する部品製造工程を一手に取りまとめることが出来る提案型加工サービスも実現しました。

進化し続けるセラミック素材の可能性を更に広げるために、当社のMPS事業の最大活用をご提案申し上げます。